現在、我々人類の目には3次元の世界が広がっており、生活を支える住宅、ビル、店舗などの建築物や、
ライフラインを担っている電力、ガスなどのプラント設備や工場などが映っています。
しかし、実際にそれらを《つくる》《なおす》《つくりかえる》といった場合に必要とされる「図面」は
2次元で表現されていることがまだ多くあります。

会社名である【SpaceGrab】は「世の中のあらゆる空間・宇宙(Space)を掴む(Grab)」という意味合いを込めており、これまでの2次元では表せなかった潜在的なお客様のニーズに対し、私たち株式会社SpaceGrabは3次元(3D)をもって答えていきます。
私たちは、この事業には無限の可能性があると感じております。昨今の仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、プロジェクションマッピングなど、現代はよりリアルな空間を感じる事を重視する時代がきているのではないでしょうか。
これからも物事を点で見るのではなく、多面的に捉えることを第一として、あらゆる可能性と共にこの事業に邁進していく所存でございます。